行政処分の過去について教えます。

VIP投資顧問の口コミ評価が悪い理由は、過去の行政処分が影響?もしかして悪徳投資顧問なのか?利用者を騙す会社ならば利用は避けたいですよね。噂の真相に迫ります。

VIP投資顧問の口コミが悪すぎるのは同業者の仕業って本当?

この記事は約 3 分で読めます。

同業者の魔の手同業者がVIP投資顧問の評価を意図的に落とすため、悪い口コミを連日熱心に書き込みしているという噂があります。あくまで噂ですが、実際に悪い口コミを見てみると、言葉遣いや文面などがどれも似通っていることがわかります。 文章には癖がでますからね、同じ人が書き込んでいるような印象を確かにうけます。VIP投資顧問の利用者は老若男女いるはずなのに、同じような言葉遣いや文章の口コミばかりになるということがどういうことなのでしょうか。これには下記の2つが考えられます。

その1、悪意を持ったリアルユーザーの可能性

まず1つ目、VIP投資顧問に悪意を持ったリアルユーザーが何度も悪口を投稿している可能性が考えられます。
VIP投資顧問の利用で不利益が生じたユーザーが、報復や腹いせのために悪い口コミをひらすら書き込んでいてもおかしくはありません。

投資助言業者は顧客に利益をもたらすことが仕事ですが、ときには損失を招いてしまうこともあります。
利用者は利益を期待して投資顧問会社を利用しているわけですから、投資は自己責任とはいっても損失を出したとなれば気分が悪いでしょう。

損失を出して報復しようま迷う青年なかには怒り心頭、どうにかして報復をしようと考えるひとも存在します。
しかし、これは実際に利用したユーザーの怒りでありVIP投資顧問に対する正当な評価ですから避難されるべき行為ではありません。
その落ち度はVIP投資顧問になるでしょう。

VIP投資顧問を利用したうえで、実際に悪い投資顧問であると低評価をすることは利用者の当然の権利です。
ですから、実際にそうした口コミが存在しているのは間違いないでしょう。
しかしながら、悪い口コミが何ものかの手により意図的に拡散されているなら問題です。

その2、VIP投資顧問の評価を下げたい同業者の可能性

そして、2つ目は同業者の仕業である可能性ですが、そもそもなぜ同業者がVIP投資顧問の悪評を振りまく必要があるのでしょうか。
同じ業種間で顧客のシェアを奪いたいがために、ライバル会社のイメージ低下をはかるのは珍しい話ではありません。

たとえば、選挙においてもネガティブキャンペーンといって、対立候補を悪く言い良くないイメージを刷り込むという手法は有名です。
これを商売におきかえて仕掛けるだけのことですから、古い時代から行われていることなのです。

同業者の仕業であることを裏付ける要因の1つとして、VIP投資顧問の悪評を掲載してる口コミサイトで高評価されている投資顧問会社が共通していることを指摘します。
これは、まさにネガキャンに沿った構成であり、VIP投資顧問やその他多くの投資顧問の悪評を掲載することで、顧客を誘導するさせる目的が考えられます。

悪だくみをしている行業者もう1つは媒体の運営者がどれも不明であることが挙げられます。
デタラメの評価やサクラの口コミを掲載してるが故、身元をハッキリさせると不都合になることが考えられます。
身元さえハッキリしてれば、事実と異なるあれば内容証明を送るなりして事実関係を是正させる動きは取れるでしょう。
しかし、身元が不明ならVIP投資顧問も対処のしようがありません。

これらの要因だけで、悪い口コミの大半が同業者の仕業であるとは断定できませんが、少なくとも濃厚と見てよさそうです。
よって、VIP投資顧問の口コミが悪すぎるのは、過去に行政処分を受けたからというよりも、同業者によるネガキャンがあるというのが実情なのかもしれません。

関連記事