行政処分の過去について教えます。

VIP投資顧問の口コミ評価が悪い理由は、過去の行政処分が影響?もしかして悪徳投資顧問なのか?利用者を騙す会社ならば利用は避けたいですよね。噂の真相に迫ります。

金商法とはどういう法律なのか

この記事は約 3 分で読めます。

勧誘する金融所品取引業者VIP投資顧問は金融商品取引業者であるため、金商法の法律に沿った運営を行う義務があります。
商号等:株式会社PLUSSO
投資助言代理業 登録番号:関東財務局長(金商)第2599号
VI投資顧問が過去の行政処分において指摘されたことは、顧客を獲得するための広告の配信と契約勧誘の方法でした。
金商法ではこうした法律が厳しく定められているため、具体的に金融商品のがどういうものなのか見ていきましょう。

金融商品の勧誘・販売に関する法律

金融庁を連想させる画像

金融商品を顧客に勧誘・販売するにあたって遵守し考慮しなければならない法律は、金融商品取引法だけでなく以下の法律もあります。

1金融商品の販売等に関する法律(金融商品販売法)

金融商品の販売等に関する法律は、外務員が株式・投資信託党の金融商品を顧客に勧誘・販売する際の説明義務や、説明義務を適切に履行しなかった場合の損害賠償背均等について定めた法律です。

金融商品販売業者等は、金融商品の販売等を業として行おうとするときは、金融商品の販売が行われるまでの間に、顧客に対して重要事項を説明する必要があります。
重要事項の説明は、書面の交付による方法も可能ですが、顧客の知識、経験、財産の状況及びその金融商品の販売に関る契約を締結する目的に照らして、その顧客に理解されるために必要な方法及び程度によるものでなければなりません。

2消費者契約法

消費者契約法とは、消費者との間の契約の締結において不当な行為が行われた場合の契約の取り消しや無効等について、消費者保護の観点から定めた法律です。
個人の消費者に対して金融商品等を販売する場合に適用があります。

3犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)

犯罪による収益の移転防止に関する法律は、犯罪収益の洗浄(マネー・ロンダリング)やテロリストに対する資金供与の防止のために定められた法律です。
原則として、最初に金融商品等を販売する契約締結の際などに、一定事項の取引時確認が必要となるほか、疑わしい取引があれば、相手方その他の関係者に知らせずに報告をする必要があります。

顧客から受け取った財産による収益である疑いがあり、又は顧客が犯罪収益の取得や処分について事実を仮想したり、犯罪収益を隠匿している疑いがあると認められてる場合には、速やかに行政庁(金融取引であれば金融庁)に対して疑わしい取引の届け出を行わなければなりません。

4個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)

個人情報取扱事業者である金商品取引業者は、顧客の個人情報保護のため、個人情報保護法や個人情報保護ガイドラインなどに従い、個人情報取扱事業者の義務を順守する必要があります。

金融商品取引法厳しく処分を受ける業者は少なくない

処分の×を持った女性

金融商品取引業者を取り巻く金商法やその他法令は非常に厳しく厳格であるため、処分を下される業者は少なくありません。2018年には仮想通貨がブームとなりましたが、金融庁の管轄となったことで業務改善命令等の処分を下された業者も多いですし、

関連記事