行政処分の過去について教えます。

VIP投資顧問の口コミ評価が悪い理由は、過去の行政処分が影響?もしかして悪徳投資顧問なのか?利用者を騙す会社ならば利用は避けたいですよね。噂の真相に迫ります。

ネット工作員の仕業?!汚染されるVIP投資顧問の情報

この記事は約 3 分で読めます。

<p>ネット工作員</p>悪質業者お抱えの悪評口コミ書き込み工作員が、今宵も跳梁跋扈してるご様子。
VIP投資顧問の低評価口コミを捏造し日課のように投稿している姿は実に涙ぐましいですが、それはれっきとした法律違反です。

この問題は、偽計口コミによってVIP投資顧問に風評被害がもたらされることは勿論ですが、消費者に対してオーガニックな情報が提供されないとういう点です。
VIP投資顧問の実態を把握しようにも、ネットの情報では判断が極めて難しい状況になっています。

あるサービスを良いと感じるか悪いと感じるかは人それぞれです。
そして、それらのレビューは情報を求める消費者にとっては本来貴重なものですが、VIP投資顧問の評価は人為的に操作されまくっているため、まさに情報汚染されている状況と言えるでしょう。

放射能汚染レベルでVIP投資顧問の情報はベクレてるわけですから、危険そのものです。ネット上で営業展開している以上は、コンテンツの無断転用されたり、同業他社によるネガティブキャンペーンも避けられないのかもしれません。

事実に反する情報拡散が行われているなら、法的手段を取ることも一考でしょう。
値も葉もない誹謗中傷なのであれば、弁護士経由で書き込み者の情報提供をプロバイダに問い合わせれば、個人を特定することも可能なのですが、これは例外になります。

そもそも媒体自体が同業他社の信用を落とすために作成されている可能性があり、何よりも、海外サーバーを利用して運営されているため、弁護士から内容証明を出したところで何の効果も無いというのが実情でしょう。
悪事を働く者は本当に賢いですね。

よって、現状ところVIP投資顧問の情報汚染を食い止める手立てはないということになります。
こうした状況で消費者は本当の情報をどのように掴めばよいのか、ここが大きな課題になりますが、現状のところは実際に使ってみなければわからないということになります。

こんなにも情報汚染が広がっているのはVIP投資顧問だけではありません。
数多くの投資顧問会社の情報が汚染されています。
ネット上には日々、何かしらの目的をもって情報汚染をおこなう工作員が活動しています。
そうした状況を認識した上で、ネット上での情報を安易に鵜呑みにしないことが自己防衛策となるでしょう。

今後も、VIP投資顧問をとりまく情報汚染についてはウォッチングを継続していこうとおもいます。
続報があればまた更新します。

関連記事